よくあるご質問

購入について

不動産購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

売買代金のほかにかかる諸費用としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金などのほか、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料など、また、中古物件などでは仲介手数料もかかります。
一般的に新築物件の場合は、物件価格の3~7%くらい、また中古物件の場合は、物件価格の6~10%くらいを目安とするとよいでしょう。ほかにも引越し代等も見込んでおく必要があります。

不動産を販売する時に結ぶ「媒介契約」にはどのような種類がありますか?

媒介契約には「一般媒介」・「専任媒介」・「専属専任媒介」の3種類があります。
「一般媒介」は複数の会社と媒介契約を結べますが、仲介会社の報告義務がありません。販売状況の確認などは自ら行う必要があります。
一方で「専属専任」・「専任媒介」は、媒介を依頼した業者以外への依頼はできませんが、報告義務などの責任が仲介会社に発生しますので、販売状況の確認などをする必要がなくなります。
なお、「専任媒介」と「専属専任」の違いはその報告内容などのほか、自ら買主を探すことにおいて「専任媒介」は可能ですが、「専属専任媒介」では不可であるという点もあります。

自己資金が少なくても、購入は可能か。

物件により可能です。準備しておきたい自己資金は、物件購入の頭金です。頭金とは物件を購入する際に現金で支払うお金のことを指します。つまり、貯蓄等から支払うお金です。それ以外の部分は一般的に住宅ローンを組みます。頭金は物件価格の5~10%程度となりますが、交渉で物件により少額でも可能な場合もございますのでお気軽にご相談下さい。

売却について

近所に知られず、売却は可能か。

売却のご相談にこられる方で、「近所の人に、自宅を売りに出していることを知られたくない」というご要望は案外多いものです。一番近所の人に知られる可能性が高いのは折り込みチラシです。住宅を探していない人もたまたま目にするということが起こり得ます。
一方、ポスティングチラシは、エリアを限定することができます。

このエリア、あるいはこのマンションにはチラシを入れないなど指定すれば、近所の人に知られる可能性は低くできます。その他、「不動産買取」という選択もあります。一般相場より若干下がりますが不動産会社が物件を直接買い取ってしまうので、チラシ・インターネット広告をする必要がないので周りに知られるリスクがほぼありません。

費用について

リフォーム費用も借入れ出来ますか?

出来ます。住宅ローンの他に、リフォームローンとして別々で借入れする事も出来ますが、住宅ローンと比較すると無担保となる為、金利が一般的に高くなります。

その他、住宅ローンにリフォーム費用を組込んで借入れする事も出来ます。その場合、住宅ローンでの優遇金利が適用されます。

ただ、金融機関により住宅ローン優遇金利が適用されない場合もあるので事前にご相談ください。

その他

駅からの徒歩時間はどのような基準で決めているのでしょうか?

不動産表示では徒歩による所要時間をを「 80m = 1分 」と定めています。
道路距離80メートル毎に1分と換算し、1分未満の端数は切り上げて表示するよう定められています。
例えば、道路距離1000mの場合、1000m÷80=12.5なので0.5を切り上げて徒歩時間は、「徒歩13分」となります。